STRUCTURE
構造

永住への配慮は、
見えない部分から
細部に至るまで。

静かさと居住性を守る壁構造

断熱処理を十分に施した外壁は165mmの厚さを、暮らしのプライバシーを守る隣戸との戸境壁は約200〜220mmの厚さをそれぞれ確保。静かで快適な住環境を実現します。

静かさと居住性を守る壁構造

全フロア耐力壁で強い構造体

建物は、真上からの重さには、柱で支えることができますが、横からの力には非常に弱いものです。それは、積み木細工と全く同じです。横からの力の代表的なものが、地震時の横揺れや台風などの横風ですが当該物件はこうした横からの圧力に強い耐力壁を採用しています。

全フロア耐力壁で強い構造体

階下に気兼ねなく暮らせる
「二重床工法」

遮音性を高めるためにコンクリートスラブ厚約250mmのボイドスラブ工法を採用。さらに床は下階に生活音が伝わりにくく、リフォームやメンテナンスがしやすい二重置床工法も採用。床材はカタログ値の遮音等級がLL45および、LH50と優れた遮音性です。

階下に気兼ねなく暮らせる

配線や配管の変更が容易な
「二重天井」

照明器具などの電気配線の変更が容易な二重天井は、メンテナンスやリフォームに好都合です。

「二重天井」

段差のないフルフラット構造

ちょっとした段差でも、つまずいて転倒してしまったりと、思わぬ事故につながりがちです。そんな危険を避けるために、水まわりも含めた住戸内の床段差をすべて解消した、フルフラット設計を採用。住まう人みんなにやさしいバリアフリー仕様です。

段差のないフルフラット構造

高耐傷・高耐久フローリング

木の美しい風合いを活かしたフローリングは、キズや摩擦に強い、高耐傷・高耐久タイプを採用。汚れに強い特殊な表面処理を施しております。

高耐傷・高耐久フローリング

アウトフレーム工法で、
居室コーナーや玄関がスッキリ

室内に張り出した柱を室外へ移動したアウトフレーム工法で、リビングダイニングのコーナーがスッキリして室内を広く有効に使うことができます。

アウトフレーム工法

耐震防犯ドア

高い防犯性と耐震性を備えた安全な玄関ドア。地震時でも変形によって扉が閉ざされにくい構造です。

耐震防犯ドア

断熱・保温・遮音性能を高める
ペアガラス

2枚の板ガラスの中間につくられた中空層によって、大きな断熱効果を発揮するペアガラスを全居室に採用。断熱・保温・遮音性能を高め、省エネ効果も発揮。より快適な室内環境をサポートします。

ペアガラス

トラストレジデンス花立に関する
お問い合わせは

フリーダイヤル 0120-660-774

営業時間/10:00〜17:00 定休日/水曜日

資料請求はコチラ